Archive for 11月, 2013

コンドロイチンとは

Yazan: admin | 22 11月 2013 | No Comments
Categories: 未分類

コンドロイチンは、人間の体内で自然に生産されていきますが、年を重ねるごとに、減少していきます。(参照サイト:コンドロイチンの効果と商品比較) コンドロイチンは、関節、靭帯の保湿関わっています。コンドロイチンは、アメリカのリウマチ協会から認定されており、リウマチ患者に使用されています。リウマチは、体の関節に炎症が起こり、関節が腫れて痛む病気です。また、結合組織を崩してしまうことから、結合組織のコンドロイチンを摂取することが良いとされています。コンドロイチン自体には、不要な新生血管を制御する働きがあり、コンドロイチンが多量に含まれる軟骨に、毛細血管が入り込まないという理由から、コンドロイチンでの治療が注目されています。実際に、コンドロイチンの摂取による治療を行なっているリウマチ患者の中には、痛みの軽減、関節の動きが良くなるといった事例が報告されています。 重大な副作用も報告されていないのも、注目の理由です。 コンドロイチン関連の医薬品も、ドラックストアで販売されており、幅広い年代の方が使用されています。 高い保水力を持つコンドロイチン今現在、テレビや雑誌でよく目にするコンドロイチンですが、コンドロイチンという言葉は、ギリシャ語で、軟骨の素と言う意味を表しています。 加熱すると、ジェル状になる性質を持っています。 コンドロイチンは、人間の肌の真皮を形成する、ムコ多糖類の一種です。人間の体の中では、軟骨部分に存在し、骨と骨のクッションの役割をしており、摩擦を防いでいます。 その他に、眼球、角膜、肝臓、腎臓、皮膚などにも多く含まれており、約60兆個ある細胞をつなげる役割もあります。 また、体の水分を調節しているのもコンドロイチンです。 コンドロイチンには高い保水力があります。 この性質が生かされ、化粧品やサプリメントで使われるコンドロイチンが沢山あります。その中でも、サメの軟骨由来のものが多く製品化されています。 アメリカ食品医薬品局では、安全性を認めており、安心して体内に摂取出来る成分です。